阪急電車

4.0 4.01件の口コミがあります

ローカル線に乗りながら読みたくなる小説

この作品も映画化されてますね。
私は映画を先に知りましたが、小説のほうも読んでいてすごく面白いです!



舞台は阪急電車の今津線の駅でたまたま乗り合わせたいろんな人たちの関わりや、心情の変化といったものが描かれています。

恋愛要素はそこまで多くは無いかと。

全16話からなる短編小説なので、一日一話といった具合に読むのも楽しいかもしれませんね。電車の中で読むのにも丁度良いと思います。



こんな出会いなどがあるのでは?と期待して電車に乗りたくなるような気持ちと羨ましい!という気持ちが沸いてくる作品です。
映画化
〒-
幻冬舎文庫

[ 管理人 ]

このサイトの管理人である惇です。

あまり本を読むほうでは無かったのですが、 大学の頃に友達に勧められて有川浩作品が好きになりました。

好きなことはネットのSSなどを読み漁ることなので、 もしかしたら根本的なところで読むことが好きなのかな?と思ったり。

休みの日のゴロゴロしながら携帯小説は至高だと思ってます。

サイト内を検索