アンマーとぼくら

0.0 0.00件の口コミがあります

子供といい歳をしたもう一人の子供

かりゆし58のアンマーに着想を得た作品らしいですね。

ストーリーは休暇で沖縄に帰ってきた主人公が母に親孝行をするというもの。ただ、母親が幼い頃に無くなっていて、その傷が癒えぬ間に父が他の女性と再婚すると言い、主人公が怒りを覚えるというもの。

親が離婚をした人なら共感できる部分が多いのではないでしょうか?

ただ、それだけで終わるのではなく、それぞれの思いや、考え方、家族の大切さを再認識させてくれる作品かと。
読切
〒-
講談社

[ 管理人 ]

このサイトの管理人である惇です。

あまり本を読むほうでは無かったのですが、 大学の頃に友達に勧められて有川浩作品が好きになりました。

好きなことはネットのSSなどを読み漁ることなので、 もしかしたら根本的なところで読むことが好きなのかな?と思ったり。

休みの日のゴロゴロしながら携帯小説は至高だと思ってます。

サイト内を検索